カテゴリー: 今週の説教

 

2020年4月26日 復活節第3主日礼拝

2020-0426

週報PDFを見る

2020年4月26日 復活節第3主日礼拝

聖 書  創世記42章29~34節

説 教  再 会

前回、41章では監獄に入れられていたヨセフが、ファラオの夢を解き明かします。その結果、ファラオはヨセフをエジプトの大臣に取り立てます。大臣になったヨセフは、神が備えられた夢の解き明かしに示された通り、飢饉に備えて、豊作の間、穀物を備蓄したのです。

42章では、夢の予告の通りに、7年の豊作が終わり、飢饉がやってきました。しかし、この飢饉は、エジプトだけでなく、当時の全世界にまで及んだとあります。ユダヤにいるヤコブ一族も飢饉のために食ベる物もなくなりました。そこで、ヤコブはこどもたちに命じます。エジプトに行って、食べ物を確保するように。

1.エジプトへ 夢の成就

1節を読みます。

ヤコブは、エジプトに穀物があると知って、息子たちに、「どうしてお前たちは顔を見合わせてばかりいるのだ」と言い、更に、「聞くところでは、エジプトには穀物があるというではないか。エジプトへ下って行って穀物を買ってきなさい。そうすれば、我々は死なずに生き延びることができるではないか」と言った。

そこで、ヨセフの10人の兄弟は、穀物を調達するためにエジプトに行きます。5節

イスラエルの息子たちは、他の人々に混じって穀物を買いに出かけた。カナン地方にも飢饉が襲っていたからである。

ヨセフの兄たちは、エジプトに行きますが、そこではヨセフが待っています。6節

ところで、ヨセフはエジプトの司政者として、国民に穀物を販売する監督をしていた。ヨセフの兄たちは来て、地面にひれ伏し、ヨセフを拝した。

エジプトにやってきた10人の兄弟は、穀物を買うためにヨセフに会います。大臣ともあろうヨセフがいちいち穀物を買いに来た外国人に会い、交渉することはないわけですが、

ヨセフの権限で自由に外国人との謁見をしていたのだろうと考えられます。小さな隣国の羊飼いたちが超大国エジプトの大臣に謁見するわけですから、これは特別の栄誉、恵みと言ってもよいと思います。

日本に来た外国人が総理大臣どころか大臣とか一般の高級官僚と会うことなど考えられません。その特別の栄誉を受けて、ヤコブの10人の息子はヨセフに謁見するのです。そこで、顔を地につけて伏し拝みます。これは、まさに20年以上前にヨセフが見た夢の成就です。かつて、ヨセフは兄たちにその夢を告げていました。

「畑でわたしたちが束を結わえていると、いきなりわたしの束が起き上がり、まっすぐに立ったのです。すると、兄さんたちの束が周りに集まって来て、わたしの束にひれ伏しました。」(37:7)

夢でヨセフは、兄たちの反感を買い、殺されそうになります。エジプトに売られ、奴隷となり、あまつさえ、獄に投ぜられるのです。弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂。不幸、苦難がヨセフに押し寄せます。これはすべて、ヨセフが見た夢のせいでした。

しかし、夢が今度は、幸いに変えられ、運命を逆転していくのです。獄に投じられた奴隷ヨセフは、エジプトの大臣になったのです。

これは、神が導かれる不思議です。神の計画は、人間には計りがたいものがあります。闇の中にいたものが、神のみ旨によって光へと移されるのです。

2.ヨセフと兄弟の再会

7節

ヨセフは一目で兄たちだと気づいたが、そしらぬ振りをして厳しい口調で、「お前たちは、どこからやって来たのか」と問いかけた。彼らは答えた。「食糧を買うために、カナン地方からやって参りました。」

ヨセフと10人の兄弟は再会します。ヨセフは、すぐに兄たちとわかるのですが、兄たちはヨセフとは気づきません。とっくに死んでしまったものと信じているのです。20年の月日が過ぎています。少年ヨセフは、大臣となり、威厳があり、一段高いところから兄たちを見下ろしていたことでしょう。

再会-普通の兄弟の再会ではありません。訳ありの再会です。一方は、殺されそうになり、奴隷から大臣になったヨセフです。一方はパレスチナ、片田舎の羊飼いたちです。

ヨセフは、誠実でした。奴隷の時も、獄中にいるときも、いつも神が共におられました。そして、ヨセフのなすことすべてを祝福されたのです。人がいいということでしょう。苦難の中にあっても、明るい。光を湛えている。みずみずしいオーラが出ていて、誰がみてもそれを理解できる。ヨセフはそのような人だったでしょう。 ヨセフは、兄たちを憎むことなく、復讐を企むこともしない。むしろ、兄弟愛をますます強くしています。肉親の情が強いのです。家族愛が深いのです。愛の人と言ってもよいでしょう。そんなヨセフだからこそ、神はヨセフを選ばれたのです。神が選ばれ、用いようとされる人は、そのような人でしょう。

旧約聖書の、創世記。聖書の第一巻目です。ヨセフは、イエス様のひな型のような人物です。ヨセフにイエス様を見ることができるでしょう。

コリントの信徒への第一の手紙13章は愛の章として、親しまれています。その4節からお読みします。7節まで。口語訳です。

愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。 そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。

とくに4節、「寛容である」、5節「無作法をしない」「恨みをいだかない」 ヨセフは、兄たちに寛容ですね。寛容とは、忍耐強いと訳されることもありますが、怒るようなことがあっても、理性を失うことなく、怒りに身を任せない。セルフコントロールです。自制心、落ち着きがある。そこから、心が広いのです。

「無作法をしない」― 非礼を行わない。無礼を働かないということです。上げ足取りをして、相手をやっつけようと構える人がいます。礼を弁えている人のことです。

「恨みをいだかない」― 悪いことを根にもたない。いつまでも根に持っていて、陥れようとする心ですね。

まさしく、ヨセフは兄たちに対して愛のこころをもって接したのです。イエス様のようです。イエス様は、受難に際して、ご自分を呪うもの、十字架につけた人たちにさえも、「父よ、彼らをお赦しください。何をしているのかわからないのです」と執り成しをされました。

3.ヨセフの計画

ヨセフは、策略を用います。それは弟ベニヤミンとの再会を期待すること、そして、父ヤコブとの再会です。そして、穀物と引き換えにした銀を返したこと。9~14節 とくに14節。

ヨセフの策略-それは神の摂理であり、ご計画の一つです。悪意のない策略といってもよいでしょう。むしろ、兄弟、父、家族の救いを期し、実行する計画。ヨセフの智慧。それは、神から由来する智慧。万事を益とされる神の摂理です。

飢饉、イスラエルのエジプト滞在、400年のエジプト滞在、そして出エジプト、十戒、律法というように、神の救いの御手は悠久の時の流れにあります。神の救いの経綸は、人間の思いを超えているのです。時間において、空間において。聖書は、始まったばかりです。創世記、そして出エジプト記と続き、旧約聖書39巻、そしてイエス・キリストの降誕へと神の計画は続くのです。そして、21世紀。ここ日本においても、主イエス・キリストの十字架の恩寵により、神の救いはわたしたち現代人にも与えられているのです。何と素晴らしい恵み、祝福でしょうか? 神に感謝です。

本日の説教題は、「再会」です。罪を赦し、恨みを抱かず、復讐心もありません。兄弟愛のヨセフは神の摂理の中で、イスラエルと同胞を滅びより救おうとします。神のご計画です。長い、長い時間をかけた救いの計画です。そこに、ヨセフと兄弟たちの再会があり、父ヤコブとの再会があります。

翻って、わたしたちも主イエス・キリストとの再会があるのです。この世では、眼には見えないけれども、見ているように信じ、告白し、礼拝する。神の国に召されてからは、顔と顔を合わせるようにして、主イエス様を拝する恵みが備えられている。主イエス様との再会ですね。イエス様は、わたしたちに対して、恨みもなく、無作法もなく、「あっち行け、お前は地獄行きだ」との宣告もなく、寛容さと、罪の赦しという恩寵にあってみ国にて主にお会いできるのです。

神の民への特別の恩寵です。

新型コロナ・ウィルスの恐れから解放され、収束して礼拝が再開されるのが待ち遠しく思います。その時、わたしたちは仙台青葉荘教会の礼拝にて再会できるのです。それは大きな喜びですね。そして何よりも幸いなのは、神の国での再会でもあります。先に、信仰をもって召された、愛する兄弟姉妹と神の国にて再会できるのです。愛する家族、妻、夫、子、孫との再会なのです。信仰を守っていきたいと心から願います。

2020年4月19日 復活節第2主日礼拝

2020-04-19-shuuhou

 

2020年4月19日 復活節第2主日礼拝

聖 書   マルコによる福音書12章28~34節

説 教   愛と献身

 

新年度に当り、一年の聖句を掲げて進もうとしますので、その聖句を柱として説教します。

本来は、4月の第一週の礼拝で説教する予定でしたが、受難週礼拝、イースター礼拝と続いたので、本日の礼拝説教となりました。

マルコによる福音書12章28節から34節までのテキストです。

律法学者の質問から本題に入ります。「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」

これは、聖書のエッセンスは何ですかという問いかけです。この旧約の創世記から黙示録にいたる分厚い本で、いろいろなことが記されています。

小さな子どもがお父さんに問いかけてくるといたしましょう。あるいは、教会学校のこどもがCSの先生に質問します。

「パパ、CSの生徒では、先生、こんなに厚い本の聖書をひとことでまとめると何と言うの?」

そんな感じでしょうか?

 

皆さんならどのようにお答えされるでしょうか?

主イエス・キリストは、こう仰ったのです。聖書の中心は、この言葉に表されている。

「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』

第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」

 

掟とは、神のご命令という意味です。神がわたしたちに求めておられることですね。それは愛なのだということです。

この言葉は、申命記6章4~9節に出てくる言葉です。第二の掟『隣人を自分のように愛しなさい』はレビ記19章18節からの引用です。

とくに、申命記6章4~9節は、「シェマー」と言います。「シェマー」とは「聞け」というヘブル語の動詞形で、文の最初の言葉からとって、「シェマー」と呼ばれています。念仏やお題目のようなものですね。

イスラエルの人たちは、このシェマーを毎朝、毎晩唱えたのです。信仰告白です。また、この聖句を書いた羊皮紙やパピルスを箱に入れて持ち歩き、祈ったり唱えたりしていたのです。

そこには、エジプトで捕らわれていたイスラエルの人々を解き放ち、自由の地へと導かれた神の奇跡のみわざとその出来事への消えることのない記憶、追想です。

とくに、寝ても起きても、いつでもどんな時でも神に対する感謝を言い表す。それが信仰告白としてイスラエルの人々の生活になっていたのです。

 

第2の掟として挙げられたのが、『隣人を自分のように愛しなさい。』

レビ記19章18節の言葉です。この隣人とはイスラエル人とって同じ人種、同じ仲間のイスラエル人に限られていました。せいぜい、ユダヤ教に改宗した外国人を指しています。他の人たち、すなわちユダヤ人以外の民族は神の恵みから洩れた異邦人として差別され、排除されていました。それは偶像礼拝者として忌避されていたのです。

 

イエス様は律法学者からの問いかけに対して、この二つを答えられ、神への愛と隣人への愛こそが聖書のエッセンス、中心であると示されたのです。そして、イエス様のお答えは、イスラエル中心からすべての人種と民族へと普遍的に開かれて行きます。

神は、イスラエル人だけの神ではありません。世界を創造され、すべての民族を創造されたのです。ただ歴史的にアブラハムを通してご自身を啓示された神は、アブラハムの子どもであるイサク、その子ヤコブ及びその子孫であるイスラエル人を導かれた神ですが、主イエス・キリストにおいて、すべての人間の父なる神となられたのです。

神を愛すること、そして神への愛に基づいた時に、隣人への愛が可能となるように恵みと力を与えてくださったのです。

 

さて、本日のみ言葉で「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」とあります。

神を愛するとはどういうことでしょうか? わたしたち日本人は神を愛するという言葉に慣れていないのではないかと思います。神を恐れる、神を信じるといえば安心します。「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして神を愛する」とは、どういうことでしょうか?

 

2020年のテーマは「愛と献身」といたしました。愛とは、神からいただかなければ知ることのできないものだと思います。神がわたしたちを愛してくださった。

愛されたことがない人に愛しなさいとは言えません。わたしたちは罪人です。自己中心的な愛しか知らないものです。その愛は条件つきの愛です。それが自己中心の愛ということです。

キリストの十字架によって神の愛を知ったのです。無条件の愛です。その神の愛に応答する。そこに「愛と献身」があります。

 

先ほど本年度のテーマは「愛と献身」と申しました。愛することは、献げることです。与えることです。

結婚式において、誓約の時「愛しますか」と質問します。「愛します」。そう答え誓います。

「いいえ、愛しません」などは言えません。では、その愛はいつまで続くのですか?

死が二人を分かつまでです。

「病める時も健やかな時も、貧しい時も富める時も、愛し敬うのです」

でも、人間の愛は限界があります。無条件ではありません。無条件なのは、神のみです。でも、少しでも近づくように、努力し、信じていくことはできます。それができなければ、やむをえません。

 

少し話が逸れましたが、三つにまとめます。

 

1.クリスチャン生活の力は神の愛からくる

神の愛によって、わたしたちの内側に力が満たされます。充満するのです。内側が溢れる時、外に向かってその力は注がれます。神の愛がそうです。神には愛が満ち満ち溢れています。その愛は、わたしたちに注がれているのです。

わたしたちも神からいただく愛によって、満たされるのです。それを求めましょう。

「愛に満たしてください」。そう祈りましょう。聖霊によって満たしてくださいます。「満たしてくださるだろう」ではないのです。

愛と光と燃えるような熱い心を神からいただきましょう。自分にないものを人に与えることはできません。隣人に与えるために、いただくのです。自分だけではなく、共に生きるために満たされるのです。そこに教会の共同体としての使命、生き方があります。いただいたものを分かち合いましょう。

教会の伝道とは、この愛の分かち合いだと思うのです。いくら伝道して、信仰者を獲得しても、基本の愛がなければ、人は育ちません。

 

2.愛の応答

結婚式のことを申し上げましたが、神の愛に対する応答が求められます。全身全霊を持って、神を愛するか? 神が人となり、十字架にかかられました。ご自身をわたしたち人間、しかも罪びとであるわたしたちに与えつくされたのです。そこに神の真実があります。

わたしたちの応答はどうでしょうか?

「持てるものすべてを与えましょう。お返ししましょう」とは申しません。本来はそう言いたいのですが、そこに知恵が必要です。

ある超教派の集会で、献身を勧める説教がありました。献金の時になりました。献金の袋が回ってきた時、説教に感動したある青年が献げるべき献金が財布になく、そこに自分自身を捧げようと決意して、自分の心を献金袋に入れました。青年は神学校に入り、牧師伝道者としての訓練を受けました。

 

3.全き献身

神はもっともよいものをわたしたちに与えてくださいます。それに応えるに、わたしたちは何を献げますか? 献げるに、不純なもの、不完全なもの、欠けのもの、必要としなくなったものを神に献げることはしません。純粋なもの、完全なもの、全きもの、必要としているものを献げるのです。

「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」とは、全身全霊をもって神を礼拝し、神に献げることを言うのです。神に献げたら、無くなっちゃうじゃないかと思うかもしれません。もったいないとか、世の中のために使ったほうが役に立つんじゃないかと考えるかもしれません。

そうではないのです。神は、献げられたものを潔めて、新しくして用いられるのです。聖別されるのです。これが、神のなされる愛と献身の法則です。

 

自分自身を献げましょう。そうすると次のようなことが起こります。

① 神を愛し、神に自分を献げることは霊的な礼拝です。ローマの信徒への手紙12章1節

「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」

 

② 友を愛し、友に自分を献げる、のは教会の交わりの中で、友と一緒に成長する恵みです。

先輩信徒が教会に来て間もない人の「心の友」となる。そのような交わりが大切です。

孤独な人、寂しい人、苦しんでいる人が教会を訪ねてこられます。わたしたちはどう応対するでしょうか? これも知恵が必要です。ヨハネによる福音書13章34節

「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」

 

③ 世を愛し、世に自分を献げる

それは伝道、証し、祈りです。

ヨハネ3章16節「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである」

教会の伝道は、この聖句に基づいています。わたしたちも世のひとりです。世の中は、大変な事態になっています。毎日のように事件が起こり、悲しくなり、逃げ出したくなります。今は、新型コロナ・ウィルスの感染被害です。日本だけでなく、世界中が混迷の中にあります。一日早く収束するように祈りましょう。そして、医療従事者のために祈りましょう。また、教会が教会本来の働きができるように、踏ん張って祈りましょう。福音を宣べ伝えていく人を神は求めておられるのです。祈りましょう。

 

愛と献身は、以下にまとめることができます。

1.全身全霊をもって神を愛し、礼拝する教会の形成

2.愛をもって慰め、励ましあう教会の形成

3.賛美と祈りが充満する教会の形成

4.献身者を生む教会