カテゴリー: 今週の説教

 

2020年5 月24日 復活節第7主日礼拝

聖 書  創世記44章18~31節 (創世記連続講解説教第51回)

説 教  父と子の絆

2020-0524

 

日本の著名な伝道者の一人に本田弘慈という方がいました。ご存知の方もおられると思います。わたしが神学生のころに活躍した宣教者です。日本のビリー・グラハムと呼ばれた大衆伝道者、牧師でした。本日の聖書の箇所から説教を準備していた時、本田弘慈牧師とその彼の著作を読んだ時のことを想い出しました。

それは、本田牧師の長男が幼くして病気で亡くなったのですが、亡くなる直前に「お母さん・・・」とお子さんがお母さんを呼び求めるのですね。その枕元に本田牧師もいたのですが、「お母さん」とお子さんが母親を呼ぶ声を聞いて、悲しくなったとのことです。

父親の本田牧師も長男をかわいがり、愛してやまなかったのです。それでも、お母さんと母を呼ぶ。なぜ、父であるわたしではなかったのか・・・

その話を想い出しました。

皆さんはいかがですか? 確かに、子どものころ、病気で寝ている時、介抱してくれるのは母親ですし、母の愛は海よりも深いと申します。わたしなどは、仕方がない。父と母を比べることではないと割り切っております。

しかし、聖書を見ますと、母の愛についての言葉は少ないですね。むしろ、父と子の関係をいう物語や聖書の記述が多いのに気づかされます。母と子の関係の深さ、大きさを語る記述は少ない。アブラハムとイサク、イサクとエサウ・ヤコブ。そこには、アブラハムの妻サラはいますが、むしろ父アブラハムと子イサクの関係の大きさを聖書は語っています。モリヤの山におけるイサク奉献(創世記22章)が考えられます。

聖書の神は父なる神ですし、わたしたちもイエス様によって、天にまします我らの父よと父なる神様に祈ります。聖霊によって「アッバ父よ」と神に呼ばわれる特権が与えられているのです。「おとうちゃん」です。お母ちゃんとは言わないですね。

そして、本日の聖書。ヤコブと12人の子どもたち。もっとも、この聖書の記事はヨセフと兄弟の物語ですが、父ヤコブと子の関係が主題でもあります。

 

1.兄弟たちの悔改め

兄弟たちを歓待した後、ヨセフはベニヤミンの袋に密かに銀の杯を入れ、ベニヤミンを捕えようとします。それは、自分の弟しかも同じ母ラケルの子であり、愛着はひとしおであるからです。ヨセフはヤコブの12人の子どもの11番目の子、12番目末っ子がベニヤミンです。しかも、ベニヤミンが生まれた時に母のラケルは亡くなるのです。ラケルのいのちと引き換えに、ベニヤミンが生まれるのです。そのベニヤミンをヨセフは愛してやまなかったのです。(創世記35章16節以下)

1~2節

「ヨセフは家づかさに命じて言った『この人々の袋に、運べるだけ多くの食糧を満たし、めいめいの銀を袋の口に入れておきなさい。またわたしの杯、銀の杯をあの年下の者の袋の口に、穀物の代金と共に入れておきなさい』。家づかさはヨセフの言葉のとおりにした。」

ヨセフの計画通りに事態が進みます。パレスティナに帰る兄弟たちの後を追い、失った銀の杯を探すように僕たちに命じました。案の定、銀の杯は弟ベニヤミンの袋から見つかりました。兄弟たちはそれを冤罪であると知っていましたが、前に犯した罪(ヨセフをエジプトに売った)の報いとして、弁解することなく受け入れます。

16節

「我々はわが主に何を言い、何を述べ得ましょう。どうして我々は身の潔白をあらわし得ましょう。神が僕らの罪をあばかれました。我々と、杯を持っていた者とは共にわが主の奴隷となりましょう」。

ヨセフの邸宅に戻り、兄弟たちの前でヨセフは杯を盗んだベニヤミンだけを残して帰ってもよいと伝えます。

17節

「ヨセフは言った『わたしは決してそのようなことはしない。杯を持っている者だけがわたしの奴隷とならなければならない。ほかの者は安全に父のもとへ上って行きなさい』」。

 

2.悔改めと赦し

人間は心の底に人に言えない、人に知られたくない一隅を持っています。悔改めとはその罪を告白し、赦しをこうことです。兄弟たちはヨセフを奴隷としてエジプトに売ったことを父にさえ秘密にしていました。

44:27~28

「あなたの僕である父は言いました『おまえたちの知っているとおり、妻は私に二人の子を産んだ。ひとりは外へ出たが、きっと裂き殺されたのだと思う。私は今になっても彼を見ない。』」

人に言えない罪を神の前に公にすることが悔改めの第一歩であります。

44:16

「ユダは言った『我々はわが主に何を言い、何を述べ得ましょう。どうして我々は身の潔白をあらわし得ましょう。神が僕らの罪をあばかれました。』」

悔改めた時、人は変えられるのです。兄弟であるヨセフを売ったユダが、今度は兄弟のために自分を捨てるものにされたのです。

Ⅰヨハネ3:16~17

「主は、私たちのためにいのちを捨てて下さった。それによって、私たちは愛ということを知った。それゆえに、わたしたちもまた、兄弟のためにいのちを捨てるべきである。世の富を持っていながら、兄弟が困っているのを見て、あわれみの心を閉じる者には、どうして神の愛が、彼のうちにあろうか。」

 

3. 父と子の絆 ユダとヤコブ

ユダは弟を残して帰れば父ヤコブは悲しみのあまり死ぬ、それは出来ないと嘆願します。

30~31節

「私があなたの僕である父のもとに帰って行くとき、もしこの子供が一緒にいなかったら、どうなるでしょう。父の魂は子供の魂に結ばれているのです。この子供が我々と一緒にいないのを見たら、父は死ぬでしょう。そうすれば僕らは、あなたの僕であるしらがの父を悲しんで陰府に下らせることになるでしょう。」

かつて、ヨセフを殺そうとしたほかの兄弟たちに対して、殺害しないで奴隷として売ることを言ったユダが、今度はベニヤミンのために自己を犠牲にして助命を申し出ます。ここに兄弟たちの悔改めがなされ、それを見てヨセフは自分の身を明かし、兄弟の和解がなされるのです。

33~34節

「どうか、僕をこの子供の代りに、わが主の奴隷としてとどまらせ、この子供を兄弟たちと一緒に上り行かせてください、この子供を連れずに、どうして私は父のもとに上り行くことができましょう。父が災に会うのを見るに忍びません」。

銀の杯の件で言いがかりをつけてベニヤミンを自分の奴隷として自分のもとに置こうとしたときに、他の兄弟たちはベニヤミンの不幸をわがことのように嘆きました。そしてその中のユダが、ベニヤミンの身代わりとして申し出たのです。ここに聖書にやがて展開する「贖罪(身代わり)の芽生え」を見ることができます。

ユダがベニヤミンの身代わりとなることを申し出たことは、ユダが彼の保証人となるべく父ヤコブと約束していたからです。単に、約束したというだけでなく、ベニヤミンを父のもとに連れ帰ることができなければどうなるか、その父の悲しみと苦しみを知っていたからです。「父をも死なすことになる」という父への愛の思いのゆえに自ら身代わりを買って出たと言えます。父と子の結びつきがここでの重要です。つまり、父の苦しみを自分の苦しみとする。それは御父の苦しみを自らの苦しみとした御子イエス様のかかわりのひな型と言えるのです。

父の愛する末息子のために、自分が保証人(身代わり)となるという申し出は、父への、そして兄弟に対する愛から出たものでした。

それゆえに、ユダはやがて父ヤコブの死を前にした祝福において、他の兄弟にまさる祝福をいただくのです。ヨセフもユダと同等の祝福を受けます。それは自分の受けた苦しみを神からのものとして受け留めることによって、イスラエルの全家を救い、安住に地であるゴシェンへと導き招いた立役者だからです。

30節「父の魂は子供の魂に結ばれているのです。この子供が我々と一緒にいないのを見たら、父は死ぬでしょう」

父の魂を思う子は、同時に子の魂を思う親と同じ愛の関係です。神はそのような子に「アッバ父よ」と呼ぶ霊を与えられるのです。

年老いたヤコブは、末っ子のベニヤミンと魂において結ばれている。すごいことばですね。みなさんは魂において結ばれている方はおられるでしょうか。先々週は、母の日でした。母と子は、魂において結ばれているかもしれません。父と子ではどうでしょうか?

聖書は、ここで父なる神と子はひとつであるという言葉があります。

「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」

フィリポが「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば満足できます」と言うと、イエスは言われた。「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。わたしがあなたがたに言う言葉は、自分から話しているのではない。わたしの内におられる父が、その業を行っておられるのである。 わたしが父の内におり、父がわたしの内におられると、わたしが言うのを信じなさい」

(ヨハネ14章5~11)

長い引用になりましたが、イエス様はヨハネによる福音書で、父がわたしの内におられ、わたしが父の内におる。そのことを何度も言われています。

父と子がひとつに結ばれていることを示しています。

その父が御子イエス様を十字架の死に渡されるほどに、わたしたち人間、罪びとをあいしてくださっておられるのです。

キリストを通して、わたしたちの魂が父なる神に結ばれるようになる。ここに神のめぐみがあるのです。

2020年5月17日 復活節第6主日礼拝

2020年5月17日 復活節第6主日礼拝

2020-0517

 

聖 書  ヨハネによる福音書16章16~24節(連続講解説教 第58回)
説 教  福音の原点

 みなさん、ご機嫌いかがですか。先週は、役員会を行いました。役員会の議事や協議の結果については、皆さんに文書でお送りしましたので、眼を通されたことと思います。また、4月末に予定していました2020年度の定期教会総会について、教会員が集まっての総会は無理なので、今年度は議決権行使書をもって総会に替えさせていただきます。役員会記録と併せて、総会の議案書・報告書を送りました。これも読んでいただき、議決権行使書に必要事項をお書きの上、FAXまたは郵送にてお送りいただければと思います。

地域によっては非常事態の自粛解除の自治体が現れるようになりました。ここ宮城県も飲食業などの開業自粛が解除され、商店街は久しぶりに人手が多くなりました。この調子で、コロナ・ウィルスの収束が来るように祈ってまいりましょう。

祈ります。

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。

新型コロナ・ウィルスの感染の恐怖と不安の中で日本、また世界中がおびえ、ひっそりと暮らし、忍耐してきましたが、少しずつ光明が現れてきました。主なる神様が収束へと導き、安全にまた喜びをもって主を礼拝できるようにお導きください。今の艱難、忍耐の中でも希望をもって、信仰をもって日々の生活が送れるように強めてください。また、主のご再臨を待ち望む信仰を与えてください。

愛をもって人と接し、祈り、弱い人々、病める人々、高齢者、とくに就学している子どもたち、青年のひとりひとりに希望を与えてください。

さて、本日は先週に続きまして、ヨハネによる福音書16章16節から24節までを説教いたします。説教題は、「福音の原点」です。

 

1.十字架の死

16章16節を読みましょう。
 「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる。」
 そこで、弟子たちのある者は互いに言った。「『しばらくすると、あなたがたはわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる』とか、『父のもとに行く』とか言っておられるのは、何のことだろう。」 また、言った。「『しばらくすると』と言っておられるのは、何のことだろう。何を話しておられるのか分からない。」

 16節の言葉、「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる」 とくに「またしばらくすると、わたしを見るようになる」

その言葉は弟子たちにとっては理解不能でした。禅問答のようですね。しかし、このことばは、以前にも何度も語られていました。しつこいくらいというと語弊があるでしょうか? 福音書は、「ここが大事ですよ。だから、何度でもいうのですよ」 そう言っているのです。

わかりやすく説明しますと、「このあと、ユダヤの人たちファリサイ派の人たち、律法学者、祭司・長老たちがイエス様を捕まえに来て、裁判にかけ、十字架につけて殺そうとしている。事実、そのようになるだろう。わたしは十字架の死を死ぬ。君たちとはお別れだ。いなくなってしまう。きみたちはわたしを見ることがないだろう。しかし、それで終わりではない。以前にも言っておいたように、わたしは甦る。復活するのだ。そうすれば、またきみたちと会えるのだ」 イエス様はそのように言われているのです。

弟子たちにとって、イエス様は何も罪を犯したわけではない。悪いことはしていない。むしろ、多くの病人をいやし、悪霊を追い出し、死人を甦らせ、たくさんの奇蹟を行ってきた。今まで誰も語ることがなかった神の言葉を語られた。それは、神から遣わされた方でなければ、語ることがない権威ある教えであり、いのちのことばなのだ。そのイエス様を捕縛し、裁判にかけ、死刑にすることなど誰もできない。そう確信していたのです。イエス様は無実なのです。

しかし、イエス様はユダヤの支配者たちの悪と罪を熟知しておられました。嫉妬深く、組織を守るために律法の教えを覆そうとするイエス様を許すわけにはいかないのです。

弟子たちは、そのことを理解できなかったのです。十字架は弟子たちにとって理解不能の出来事です。しかし、イエス様は言われます。「死で終わりでない。死からすべてが始まるのだ。復活。死ではなく、いのち。それがわたしである」と。

いまは理解不能であっても、いのちのことばを理解させてくださるのは、聖霊です。 助け主、弁護者、慰め主の聖霊がイエス様の死によって、復活のキリストの霊として来られるのです。死んでいなくなり、見えなくなっても、復活のキリストとして見えるようになる。ここに福音の原点 始まりがあります。

 

2.悲しみが喜びに変わるできごと それが復活

20節以下を読みましょう。22節まで。

「はっきり言っておく。あなたがたは泣いて悲嘆に暮れるが、世は喜ぶ。あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。 女は子供を産むとき、苦しむものだ。自分の時が来たからである。しかし、子供が生まれると、一人の人間が世に生まれ出た喜びのために、もはやその苦痛を思い出さない。 ところで、今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない」

弟子たちの悲しみは、頼っていた人が突然いなくなってしまった時の悲しみ、痛み、嘆きを言います。愛する者が亡くなった時、喪に服すわけですが、その時の嘆き悲しみですね。真っ暗闇のトンネルに放り出された子どものような心境でしょう。この悲しみとは、そういう意味があります。

8節にも悲しむことを言われています。まさに母が突然いなくなった幼児のように泣いて悲嘆に暮れる姿です。絶望的な悲しみ、嘆きです。しかし、弟子たちは復活のイエス様を見て、喜びに変わるのです。不安と苦しみの中で泣きわめいていた幼児にのもとにお母さんが現れた。幼児は大喜びです。「おかあちゃん!」と叫び、母のふところに飛び込みます。

聖書は、悲しみが喜びに変わることを、陣痛を経験した妊婦の痛みと赤子が生まれた時の喜びにたとえています。苦しい、艱難の経験が喜びに変わるのです。

復活の出来事は、そのような喜びです。復活したイエス様が今度は聖霊として来られ、いつまでも共にいてくださるのです。

 

3.イエスの名 栄光の主

23節以下を読みます。

「その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねない。はっきり言っておく。あなたがたがわたしの名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる」

今日の説教題は、「福音の原点」としました。キリスト教のスタート、福音の原点がここにあります。それは、イエス様のお名前によって願うということです。ここに新しい時代の到来があります。歴史の転換点です。

今までも、ユダヤ教徒は祈りました。天地万物の創造主なる神様、文語訳聖書は、「主」というところに「エホバ」と訳されています。わたしは10年前からデボーションのために文語訳聖書を使用しています。もう10回以上は通読しています。旧約聖書は、すべて「エホバ」です。「ヤーウェ」が正しい読み方であると言われます。

わたしたちは祈ります。それはイエス・キリストのお名前によって父なる神に祈るのです。ここにわたしたちの祈りがあります。
おおよそキリスト教徒であろうとユダヤ教徒であろうと、仏教徒、イスラム教徒、地上におけるあらゆる宗教は祈りをもっています。祈りのない人はいないでしょう。

共産主義の人たちはどうでしょうか? 今回の新型コロナ・ウィルスの感染拡大、パンデミック-爆発的感染にあって、世界中の人たちは祈っています。早く収束するように。家族が感染しないように、感染しても助かるように。医療従事者のためにも祈ります。

誰に祈るのでしょうか? また誰のお名前によって祈るのでしょうか?

イエス様のお名前によって祈り、願う。ここにキリスト教があります。十字架にかかり、死にて葬られましたが、三日目に甦られ、いまや聖霊としてともにおられるイエス様。そのお名前によって祈る特権が与えられている。

その祈りは聞かれているのです。父なる神、全能の神がイエス様のお名前によって祈られている祈りを聞いてくださるのです。感謝です。

使徒言行録では、イエスの名については何度も記されます。

「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます」(2章38節)
「ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです」(4章 12節)

使徒言行録だけでも、イエスの名という言葉は40回使われています。

賛美歌 168番 イエス 君の御名に まさる名はなし
         みかみのみこころ 世にあらわせり
           わが君イエスよと 喜びうたう
           尊き御名こそ 比いもなけれ

主の御名を賛美します。
ハレルヤ アーメン

祈ります。

主よ、イエス様のお名前に祈るおおいなる幸い、喜びを感謝いたします。

全能の神、救いの神、まことの神、三つにして一つなる神、あなたの十字架の贖いにより罪赦され、きよめられ、永遠のいのちに与っている豊かな恵みと祝福を感謝します。

全世界のすべてのところであなたのお名前があがめられますように。

あなたのお力と権威により、悪霊を追い出し、新型コロナ・ウィルスからの感染もお守りください。一日も早い収束が与えられ、全世界の教会が自由に礼拝を再開し、あなたをほめたたえることができますように、栄光を現し下さい。

イエス・キリストのお名前によって願い、お祈りいたします。アーメン