教会略史

最初の教会堂
最初の教会堂 1928(昭和3)年7月
1956(昭和31年)
1968(昭和43)年 2階増築
現在の教会堂 1990(平成2)年移転

 

 

1909明治42年芭蕉の辻に仙台福音伝道館を建て、伝道開始
1917大正6年東洋宣教会仙台ホーリネス教会となる
1928昭和3年本町3丁目(NHK向かい)に移転
1936昭和11年仙台聖教会と改称
1941昭和16年日本基督教団が設立されその傘下に入る。
日本基督教団仙台青葉荘教会と改称
1942昭和17年6月 旧ホーリネス教会への国家の弾圧により
当教会の中島代作牧師も検挙される
1943昭和18年4月 教会解散を命じられる
11月 中島牧師保釈される
1945昭和20年7月 戦災で会堂焼失
12月 信者宅にて礼拝、祈祷会を再開
1951昭和26年会堂建設
1977昭和52年1月 中島豊牧師主任担任教師就任
1990平成2年現在地に新会堂献堂
1991平成3年パイプオルガン設置
2004平成16年3月 中島豊牧師、和子牧師辞任
4月 島隆三牧師、静江牧師就任
2007平成19年10月 森田聖子伝道師就任
2009平成21年伝道開始100周年を祝う
2014年3月島隆三・静江 牧師辞任
2014年4月潮義男 牧師就任
2015年4月後藤真英 伝道師就任
2017年3月後藤真英 伝道師辞任
2019年12月伝道開始110周年を祝う